お店のレジでの会話で困ることBEST3を発表します

こんにちは、ばーこしです。

近畿が梅雨入りしましたので、湿気にまみれて頑張りたいと思います。

今日は、僕がお店で店員さんと話すときに困ることBEST3を発表します。

普通の人からしたら「そんなことで悩むなよ」というラインナップですが、僕からしたら深刻なのでどうぞよろしく。

目次

レジでの会話はレベルが高い

コミュニケーションが苦手な僕にとって、レジでの会話はめちゃくちゃレベルが高いです。

出来るだけ他人と会話せずに済むように行動していますが、レジだけはコミュニケーションが発生しちゃいますね。レジ行かずに外出たら万引きで捕まるので仕方がありません。

前置きはこれぐらいにして、いよいよBEST3を発表していきます。

3位.袋いりますか?

2020年7月からスタートしたプラスチック製購買袋の有料化。

これによって「袋がいるかいらないかを答える」というコミュ障にとってハードルの高い項目が増えてしまいました。

単純にいるかいらないかの2択ならギリ耐えれますが、大きさによって値段が分かれている場合などはもう無理ですね。

「あ、じゃあ5円のやつください^^」とか言えず、そのまま思考停止して石化します。

コンビニなんかはほぼ会話なしで買えてたのに、袋が有料になってから僕と店員さんの間で分厚い壁ができてしまった気がしますね。

あと最初の方は「大丈夫です」って言ってたんですけど、よく考えたら大丈夫っているのかいらないのか分からないことに気づきました。

というわけで、今は必ずエコバックを握りしめながら「あ、い、いらぁせん(いりません)」と大きな声で言うようにしています。

2位.ドライアイスどうしますか?

スーパーとかでアイス買ったら、ドライアイスいるか聞かれるじゃないですか?

これ、昔からいるかどうか分からないんですよ。大体15分ぐらいで帰るんですけど、それでいるのかどうかみたいな。

そもそも溶けてもスーパーに鬼の形相でクレーム入れたりしないので普通に不要なんですが、僕の頭は「カード(またはauペイ)で」と言うことに必死でドライアイスの会話なんてプログラムに入れてません。

それなのに聞かれるものですから、ネフェルピトーに捕まったポックルみたいに「あっ、あっ」となってしまうわけです。

いるかいらないの2択で一見簡単そうに思えるドライアイス問題ですが、思ってもみなかったところに尋ねられるという闇討ちを食らうため2位にしました。

1位.ポイントどうしますか?

栄えある1位に輝いたのは、貯まったポイントをどうするか聞かれることです。

これは本当に難しくて、何が困難なのかというと「ポイントをどう使うのか」という問題。

「全部使う」「一部使う」という2択が既に苦痛で、レジでポイントのことを聞かれると指先一つでポイントを使えるAmazonや楽天が恋しくなるのです。

そもそも「ポイントをどう使うのか」をこちらに委ねるという質問自体がコミュ障にとっては鬼門なんですよね。とはいえ勝手に使われても困るのでどうしようもないのですが……。

また、意気揚々と「全部使ってください」と言って2ポイントしか貯まってなかったらホンマに恥ずいです。

「2ポイントしか貯まってないのに使うんかいコイツ」とか思われてたらもう昇天しちゃいますね。

とは言え「何ポイント貯まってますか?」なんて聞けないので、全部使う時は清水の舞台から飛び降りる覚悟で言わなければなりません。

レジであたふたするコミュ障を応援したい

というわけで、コミュ障にとってレジでの会話がどれだけ難しいのかが分かってもらえたと思います。

つい先日レジで店員さんから「え?」と聞き返されて焦っている方を見ましたが、僕はそういった方を全力で応援したいですね。

そんなわけで僕は今からセルフレジのスーパーに行ってきたいと思っています。

それでは!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる